You are currently viewing かわらばん vol.264(2023年1月27日)のご紹介

かわらばん vol.264(2023年1月27日)のご紹介

丹生寺坂農園の4代目です。

今回は、2023年1月27日の「かわらばん Vol.264」をご紹介します。 補足しておきますと、執筆者の長女氏は4代目(3男坊)の姉です。 弊社スタッフのひとりとして一緒に働いております。 旦那さんはイギリス人で、英会話教室を営んでおられます。

かわらばん vol.264

2023年1月27日
執筆:長女
いつもご利用ありがとうございます。長女です。相変わらず、社長や社員さんの隙をついて執筆しております。

さて、先日、夫と外食に行きました。人気のうどん店です。イギリス人の夫は、うどんはあまり美味しさが分からないそうなのですが、カレーうどんは大好き(ちなみに、福井のおろしそばは大好物です)。

店内に入り、うどんを注文し、天ぷらは自分で好きなものを皿に載せます。私は、きつねうどんを注文し、ジャンボかにかま天と明太子おにぎりを取りました。夫の方を見ると、もちろんカレーうどんを注文し、皿を二つ用意して、野菜のかき揚げ、レンコンの天ぷら、舞茸の天ぷら、エビ天、昆布のおにぎりを取っています。天ぷら山盛り。

席について食べ始めると、私は欲張っておにぎりを取ったので、店内では食べきれずお持ち帰りにしました。一方夫は、見事完食。あんなに山盛りあった天ぷらも全部平らげていました。夫いわく、揚げ物は油でのど越しがいいから食べやすいそうです。ちょっと何言ってるか分からない...。

単なる個人的な食の考え方かと思いきや、他の外国人の友達も、揚げ物は「軽い食べ物」と考えているようです。「重い食べ物」というと、ご飯やうどんといった炭水化物だそうで。 そういえば、夫は、「風邪をひいたときも、天ぷらならつるっと食べられるよ!」と言っていました。風邪といえばおかゆやうどんじゃないのか聞くと、そんなのは重くて食欲が無い時に食べられないとのこと。全く逆!文化の違いは面白いです。